自宅概要

喬家大院文化園は晋商文化観光の中心区域にあり、生態自然と人文景観を主とする観光スポットで、喬家大院の「四堂一園」と昌源河国家湿地公園の二つの部分から構成されています。喬家大院は晋商文化の発祥地の一つとして、豊かな文化内包と濃厚な人文の雰囲気を持っています。昌源河国家湿地公園は世界の絶滅危惧種で、国家一級重点保護野生動物の黒コウノトリの繁殖生息地であり、国が重点として野生植物の野大豆を保護する集中分布地であり、システム研究にとって北方生態は重要な意義があります。

その中の喬家大院の「四堂一園」は中堂、徳興堂、寧守堂、保元堂と喬家花園に含まれています。清乾隆二十年(西暦1755)に建てられたのは、明清晋商の傑出した、文明の国内外の商業資本家喬致庸など喬氏の一族の屋敷である。総敷地面積は25000平方メートル余りで、18の大庭、41の小庭、731の家屋があり、農耕習俗、歳の時節令、人生儀礼、喬家史料、珍宝専門展、商業慣習、民俗社会火、衣食住、伝統晋劇、祁太ヤンコ歌、形意拳術、ドラマ「喬家大院」の道具などを展示しています。2大シリーズ万件の文化財は、明清時代の北方漢民族の民俗風情と晋商文化を如実に反映しています。

その中の昌源河国家湿地公園は山西祁県の東部に位置しています。北から賈令鎮賈令橋、南から来て東の魚溝口を鎮めます。河道総長は36キロで、総投資額は4.8億元で、2012年末までに2.5億元の投資を完成しました。公園の総面積は1.4万ムーで、その中の湿地積は0.69万ムーです。2011年11月に国家林業局から国家級湿地公園と命名されました。全省第二軒、晋中第一軒の国家級湿地公園になります。

喬家大院文化園は省都の太原54キロメートルから、太原南駅、武宿国際空港から45キロ離れています。南同蒲鉄道、大西高速鉄道の祁県駅から20キロ未満です。208、108国道と京昆、青銀、楡祁、長(二広)、大運高速、交通の優位性は抜群です。1986年の開館初期から現在に至るまで、喬家大院は絶えず革新を開拓し、伝統民俗文化を保護する前提の下で、大院の伝統文化内包と潜在資源優勢を刺激することによって、「晋商大院を展示し、晋商精神を伝承する」を主線として、地方の民俗特色を強調し、大学院の芸術性、文化性を高めることから面白い性などの方面は着手して、10大シリーズの内容を展示しています。農耕の習わし、歳の季節、生活習慣、人生儀礼、商業貿易の習わし、民間の工芸、豪門の装飾、喬家の歴史、演劇の苗木、特別テーマの展示、イメージは明清の時期の山西晋中の一帯の民俗の風情と民俗文化を如実に反映しています。本館の文化財の蔵品は明清書道、絵画、磁器、銅器、陶器、竹木器、金銀器、石器、貨幣、玉器、璽爾及び織繡などがあります。その中に展示されている「犀牛望月鏡」、「九竜灯」、「万人球」は稀代の宝物です。特に注目されています。

喬家大院は建築構造の精巧さ、民俗文化の伝承、晋商精神の魅力で、大院の特色を際立たせて、良好な社会効果と経済効果を獲得します。開館して20数年来、多くのドラマを引きつけて、《大紅の提灯の高さが掛かります》、《昌晋源の切符号》、《趙四さんと張学良》、《喬家大院》などの40数本の映画とテレビの劇はかつてここで撮影しました。喬家大院は前後して国務院に国家級重点文化財保護機構として公布され、国家文化財局に国家二級博物館として公布されました。国家優秀文博単位、山西省ベストテン観光スポット、品質等級AAA企業、山西十大文化ブランドなどに選ばれました。



喬家大院「四堂一園」――昌源河国家湿地公園交通路線

1.108国道観光ルート
自車運転旅行ルート:大学院の出口から国道208、国道108を経由して、昌源河湿地公園で降ります。
バス路線:大庭の入り口から祁県8番バス(暁義村―汽車駅)に乗り、昌源河湿地公園で降りて、15分かかります。
2.喬家大院観光専用線(もうすぐ開通します)
運転コース:大院西門出口から、小贾村などを通じて、昌源河湿地公園に直行できます。



観光スポットの案内図

返回乔家大院首页 copyright 2013 all rights reserved by qjdywhyq 山西祁县乔家大院民俗博物馆 版权所有禁止转载 备案号:晋ICP备14000342号